Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
Chapter 14 - Setupメニュー(The Setup Menu)
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24
 
(i)

Surface

表面のタイプはSurfaceの右のメニューで表示されます。

利用可能なできる表面は電子密度(density)、分子軌道(HOMO-, HOMO, LUMO, LUMO+, SOMO)、静電ポテンシャル(potential)、局在化イオン化ポテンシャル(ionization)およびスピン密度(spin)です。 “HOMO-”か“LUMO+”を選択すると次に示すようなもう一つのボックスが表示されます。

これはHOMOより下の軌道とLUMOより上の軌道を表示することになります。デフォルト値(HOMOの-1とLUMOの+1)を変更することにより、どんな分子軌道も詳細に述べることが可能になります。そのための値は直接入力します。
SliceProperty(以下参照)によって定義されたグラフィックスを通って切断する2D平面(スライス)を表示します。