Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
Chapter 14 - Setupメニュー(The Setup Menu)
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24
 

Surfacesダイアログは計算されたグラフィックスを表示するためにも使われます。グラフィックスを表示するためにはSurfacesダイアログの中にリストされている表面の左のボックスをクリックします。あるいは表面の種類が記載されている行をダブルクリックします。ボックスの中にチェックマークがつきます。表示されたグラフィックスを削除するためにはボックスを再びクリックします(または表面が記載されている行をダブルクリックします)。チェックマークは消え、表面を削除することが出来ます。
プロパティーマップ中の各プロパティーはSurface Propertiesダイアログを使用することによって“on”と“off”することができます(Chapter 15中のPropertiesを参照)。

等値面やプロパティマップははじめに実色で表示されます。コンテクストメニューを使うと他の表示方法(ドット、メッシュまたは透明色)に変更することができます。カーソルをグラフィックス上に置き、左か右のボタンを押しっぱなしにします。すぐにカーソルの下に以下のようなメニューが表示されるので適当な表示方法を選択してボタンを離します。

スライス表示は一連の等高線として表示されます。コンテクストメニューで他の表示方法(ドット、メッシュまたは透明色)に変更することが出来ます。等高線のまわりにあるフレーム上にカーソルを置き、左か右のボタンを押しっぱなしにします。すぐにカーソルの下に以下のようなメニューが表示されるので適当な表示方法を選択してボタンを離します。


表面、プロパティーマップおよびスライスのスタイルはSurface Propertiesダイアログを使用することによって変更することができます。(Chapter 15Propertiesを参照)。
Surfacesダイアログは一つだけスクリーンに表示されます。ダイアログに表示されている内容と働きは、現在選択しているモデルに関しての情報を示します。