Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
Chapter 15 - Displayメニュー(The Display Menu)
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23
 

ウィンドウの上部左にあるメニューでDisplayに関するOutputの種類を選択します。

Outputは選択された分子に関して通常の表示を行います。VerboseOutputはより詳細な表示方法を行い、List Outputはリスト内の全てのジョブに関する実行状況を表示します。ウィンドウはスクロールすることができます。Outputウィンドウの内容(だけ)は自動的に更新され、実行中のジョブをモニターすることができます。

 

Output ウィンドウ内のテキストは、Copy(Chapter 10参照)を使うことによりクリップボード上に一時保存することができます。

 

Properties

ダイアログは分子、原子、結合、グラフィカルサーフェイスおよび構造の束縛状態をレポートしたり(ある場合は)変化させるために使うことが出来ます。これらはデフォルトのプロットスタイル変化や境界線を変更することが出来ます。一つの“Properties”ダイアログだけが画面上に表示され、その内容と働きは現在選択している分子の性質を参照しています。