Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
Chapter 15 - Displayメニュー(The Display Menu)
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23
 
 

グラフ上のそれぞれの曲線をクリックすると次のようなCurve Propertiesダイアログが表示されます。

Curve Propertiesでは選択した曲線の表示形式を変更することが出来ます。また、個々のデータポイントの“マーカー”の種類、“ポイントラベル”(データポイントと関係する分子名)のオンオフ、データポイントに対する近似曲線を選択することが出来ます。また、“Sphere”を選択すると(リストで選択された分子が)曲線上で示されます。(スプレッドシートの列から引用された)個々のデータポイントに対する“エラー”バーを表示したり、データの値の“範囲(Range)”も調整することができます。

Surfaces

これは、すでにChapter 14で説明されています。