Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
Chapter 16 - Searchメニュー(The Search Menu)
Page 1 | 2 | 3 | 4
 

このプロセス(矢印の根元の選択から先端の選択まで)は反応を定義するために必要なだけ繰り返してください。誤った矢印取り除く場合はBuildメニューのDeleteを選択するか、をクリックしてからその矢印をクリックしてください(「矢印」の入力を続けるには再びを選択する必要があります)。全ての矢印が入力した後、画面右下のをクリックすることで直接(あなたが入力した構造の)遷移状態が推定されます。矢印を書き加えたもとの構造に戻したい場合はEditメニューのUndoを選択します。

Tautomers

にはヘテロ原子間を水素原子が素早く転移することで生じる異性体、いわゆる互変異性体を自動的に描く機能があります。互変異性体の種類は平衡状態で二つ以上の互変異性体が存在する場合や、最も安定な互変異性体の同定が明白でないとき、たとえば次のようなヘテロ環化合物を取り扱うことにおいて特に重要です。

Spartan'02で処理できるのは窒素、酸素、リン、および硫黄を含む互変異性体に限られています。この処理は可能な全ての互変異性体を捜し出しますが同じものやかなり不安定そうな互変異性体も含まれています。*


   
* もちろん一度完全な互変異性体リストを出し、Spartan'02の量子化学モデルを使ってそれらの相対エネルギーを計算するのは簡単です。