Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I

Appendix A - 機能と制限
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5

半経験的分子軌道法計算にはあらかじめ以下の制限が設定されています.

 
最大原子数 300
 

半経験的分子軌道法のパラメーターは,一組のファイルから読み込まれます.MNDOのパラメーターはMNDO.sppから,MNDO/dのパラメーターはMNDOD.sppから,AM1のパラメーターはAM1.sppから,PM3のパラメーターはPM3.sppから,PM3の金属のパラメーターはPM3D.sppから読み込まれます.これらのファイルを用いて新しいパラメーターを加えたり,既存のパラメーターを修正したりすることができます.

Hartree-Fock法1-3

Hartree-Fock法のモジュールは,エネルギー,波動関数,平衡構造および遷移状態の構造,振動数,配座検索を行うことができます.閉殻および開殻の計算をROHFまたはUHFのどちらかで行います.最小基底関数(STO-3G),スプリットバレンス型基底関数(3-21G),そしてsplit-valence基底関数に分極関数やdiffuse関数を加えた分極基底関数(6-31g*, 6-311G*, cc-pVDZ4, cc-pVTZ4, cc-pVQZ4)を用いることができます.また,重原子を有する分子の計算には,pseudopotentialを用いることができます.4

Hartree-Fock計算にはあらかじめ以下の制限が設定されています.

 

最大原子数

200
基底関数の最大数 2000