Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I

Appendix A - 機能と制限
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5

密度汎関数法1,2,4

密度汎関数法のモジュールは,エネルギー,波動関数,平衡構造および遷移状態の構造,振動数,配座検索を行うことができます.モジュールは,局所密度汎関数法計算とBP,BLYP,EDF1,B3LYP密度汎関数法計算をサポートしています.Hartree-Fock法でサポートされているものと同じ基底関数系とpseudopotentialが利用できますが,最小基底関数系STO-3Gとスプリットバレンス3-21G基底関数系は使わないでください.

密度汎関数法計算にはあらかじめ以下の制限が設定されています.

 
最大原子数 200
基底関数の最大数 2000
 

Møller-Plesset摂動法1,2,4

Møller-Plesset摂動法のモジュールは,MP2,MP3,MP4,局所MP2 (LMP2)エネルギー計算を行うことができます.加えて,MP2モデルだけが平衡構造と遷移状態の構造の計算,振動計算,配座検索に使うことができます.Hartree-Fock法と同じ基底関数系とpseudopotentialが利用できますが,最小基底関数系STO-3Gとスプリットバレンス3-21G基底関数系は使わないでください.

Møller-Plesset摂動計算にはあらかじめ以下の制限が設定されています.しかし,MP3とMP4計算は,分子サイズが大きくなると急激に計算コストが増加し,現在のところ実際に計算できるのは小さな分子に対してだけであることに注意してください.

 

最大原子数

200
基底関数の最大数 2000