Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I

Appendix A - 機能と制限
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5

高度な電子相関1,2,4

高度な電子相関のモジュールは,CCSD,CCSD(T),CCSD(2),OD,OD(T),QCISD,QCISD(T),QCCD,QCCD(2)を用いたエネルギー計算を行うことができます.Hartree-Fock法と同じ基底関数系とpseudopotentialが利用できますが,最小基底関数系STO-3Gとスプリットバレンス3-21G基底関数系は使わないでください.また,G2およびG3モデルによるエネルギー計算をサポートしています.このモデルは一連の異なるモデルから構成されていて,精度の高い熱力学データを求めることができます.

高度な電子相関の計算にはあらかじめ以下の制限が設定されています.しかし,これらの方法は分子サイズが大きくなると急激に計算コストが増加し,現在のところ実際に計算できるのは小さな分子に対してだけであることに注意してください.

 
最大原子数 200
基底関数の最大数 2000
 

励起状態モデル

2種類のモジュールが励起状態の計算に用いられます.:立体配置の相互作用(CI)と,時間依存密度関数(TDDFT)モデルです.前者は2つのモデルを構成します.:CIS(configuration interaction singles)とCISD(configuration interaction singles with doubles correction)です. 一方,後者は局所密度モデルとBP,BLYP,EDF1,B3LYP密度関数モデルをサポートします.現在,CISモデルでのみ形状利用と振動数計算を利用することができ,他のモデルは全て一点エネルギー計算に制限されています.

現在,励起状態計算には以下の制限がされています.

 

最大原子数

200
基底関数の最大数 2000