Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I

Appendix C - 通常用いるプログラムオプション
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8

キーワード

説明
Scf
C
SCF法.初期設定の閉殻系にはrestricted(制限), 開殻系にはunrestricted (非制限)を用いますが,いずれも開殻系,閉殻系の両方に対して指定することができます.制限されていない方法のみ現在, Moller-Plesset法と電子相関計算を用いることができます.
 
 
Core
C
Moller-Plesset 法や電子相関計算において凍結核近似(内殻電子を凍結した価電子のみの電子相関を考慮した計算)を用います.初期設定はfrozenthawed(全電子の電子相関の計算)に変更することができます.
 
 
ScfTolerance
C

SCF 計算における全ての許容値を制御します.初期設定はnormalで,highまたはveryhighに変更することができます.

 
F
SCFエネルギー収束基準(hartrees単位)をFに設定します.初期設定は 1.0 x 10-6です
     
BigGrid
密度汎関数法において非常に大きなグリット値を採用します.
     
Mix
波動関数の初期値においてαおよびβ HOMOを以下の式に従って構築するように指定します.
   
   
   
これは一重項ジラジカルに対する波動関数の初期値を発生させるのに用いられます.