Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I

Appendix C - 通常用いるプログラムオプション
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8

キーワード

説明
SmallMemory, BigMolecule
Hartree-Fock 計算において直接法(direct method)を用いるようにします
     
SmallMolecule
Hartree-Fock計算においてインコア法を使用します
     
PrintCoords
デカルト座標を出力します
 
 
PrintLev
C
出力レベルを設定します.初期設定はnormalで,verboseまたはdebugに変更することができます

Semi-Empirical Calculations

半経験的分子軌道法計算に関するキーワードを示します.

キーワード

説明
NoPseudo
収束が難しいときに用いる擬対角化をオフにします
     
NoAmideFix
PM3計算においてアミド結合の分子力学補正をオフにします
 
 
hhOff
PM3計算においてアミド結合の分子力学補正をオフにします
     
hhOn
PM3計算において水素-水素反発項をオンにします.遷移金属を含む場合の初期設定です