Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I

Appendix C - 通常用いるプログラムオプション
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8

キーワード

説明
NoSolvent
SM5.4のモデルによる水の溶媒効果の計算の実行をオフにします
 
 
FScale
F
計算した振動数にFをかけて補正します.初期設定は1です.
 
 
DynamicsTime
N
溶媒計算において分子動力学的シミュレーションにかかる時間です.初期設定は1500 fsです.
     
SampleTime
N
溶媒計算において分子動力学的シミュレーションにかかるサンプル点の間の時間です.初期設定は50 fsです.
     
MaxSamples
N
溶媒計算において分子動力学的シミュレーションにかかるサンプル配列の最大数です.初期設定は10 fsです.
     
Cutoff
F
溶媒計算において分子動力学的シミュレーションの中で明白に述べられた相互作用における最大の溶質―溶質間の距離(Å単位)です.初期設定は14.0 Åです.
     
IRCSteps
N
組み立てるIRCの中で許可されたステップの最大数です.初期設定は40です.
     
IRCStepSize
N
IRCにおける最大のステップの大きさ(質量―重量原子の単位×100)です.初期設定は150です.