Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 10 - モデルメニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10

Space Filling

この表示方法は分子を球の複合体としてあらわし,大きさと色は原子の種類によります.CPKモデルとして知られている空間充填モデルは分子全体のサイズをあらわし,球の半径はおおよそのファンデルワールス接触距離になっています.これらの半径はOptionメニューのPreferences…の下のVDW Radii Preferencesダイアログ中で変更できます(Chapter 16参照).


Space Fillingモデル

Molecule Propertiesダイアログ(DisplayメニューのPropertiesChapter 14参照)中に表示される体積と表面積はSpace-filling モデルと一致しています.

Hide

画面上に表示されているモデルの中で選択したモデルを消去します,例えばプロテインのようにディスプレイ中が不要な構造モデルで込み合っている場合に使われます.Modelメニューからもう一度Hideを選ぶとモデルは元に戻ります.注意:Hide結果的に"分子を消す"ことになります.消去した分子を回復するためにはPage UpまたはPage Down keysを使ってその分子の名前をタイトルバーに表示させ,もう一度モデル形式を指定する事でその分子を表示することができます(Chapter 2Keyboard Function参照).