Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 11 - The Geometry メニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12

束縛は,Constraint Propertiesダイアログからスプレッドシートに貼り付けると同時に修正することもできます(DisplayメニューにおけるPropertiesで利用できます;Chapter 14を参照).さらに,連続的な束縛は(与えられたステップ数において,ある最初の値からある最後の値で)定義されます.これはあらかじめ定義された座標*に沿ってエネルギープロファイルを発生させます(Chapter 13Calculationを参照)

束縛マーカーが("Constraint Distanceモード"以外の)モデルに含まれているかどうかにかかわらず,個々の分子はDisplayメニューのMolecule Utilitiesで詳細を設定することができます(Chapter 14を参照).分子全体の設定はMolecule Preferencesダイアログで設定できます(OptionsメニューのPreferences...Chapter 16を参照).

Define Point, Define Ligand Point()

これを選択すると指定した原子(または点)の構造的な(質量のない)中心点を定義して表示します.Define Pointを選ぶと画面左下に次のようなメッセージが表示されます.

この表示にしたがって原子(または点)をクリックしてください.原子(または点)のうちのどれか一つを二度クリックすると点を定義します(小さな球).点はいくつでも定義することができ,距離や角度の定義においては"原子"として扱うことができます.これらの点は構造が変わると分子とともに"動き"ます.

 
BuildメニューのDelete(),もしくはDeleteキーで点を取り除くことができます.
 
   
*
この例はChapter 5のチュートリアル,Internal Rotation in DimethylperoxideChapter 6のチュートリアル,Thermodynamic vs. Kinetic Control and SN2 Reaction of Bromide and Methyl Chlorideで示されています.