Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 11 - The Geometry メニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12

定義された点がモデルに含まれているかどうかにかかわらず,個々の分子はDisplayメニューのMolecule Utilitiesで設定できます(Chapter 14を参照).全体の設定はMolecule Preferencesダイアログで設定します(OptionsメニューのPreferences...Chapter 16を参照).

Define Plane ()

これは基準面を定義し表示します.選択すると画面左下にメッセージが表示されます.

三つの原子をクリックすると面が定義され,面はいくつでも定義することができ,距離や角度の定義などに利用することができます.面は構造が変化すると分子とともに"動き"ます.

 
BuildメニューのDelete(),もしくはDeleteキーで点を取り除くことができます.
 

定義された面がモデルに含まれているかどうかにかかわらず,個々の分子はDisplayメニューのMolecule Utilitiesダイアログで設定できます(Chapter 14を参照).全体の設定はMolecule Preferencesによって設定します(OptionsメニューのPreferences…Chapter 16を参照).