Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 11 - The Geometry メニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12

Measure Angle ()

これを選択すると三個の原子のなす角度,つながった二本の結合角あるいは束縛された結合角を(°単位で)測定し,表示することが出来ます.Measure Angleを選択すると画面左下に次のようなメッセージが表示されます.

三つの原子,もしくは二つの隣接した結合,角度の束縛マーカーをクリックすると,スクリーンの右下に角度が表示されます.

Measure Angleもまたユーザー定義の点(この章のDefine Pointを参照)における距離,ユーザー定義の面(この章のDifine Planeを参照)の距離を計測するために用いられます.さらに,角度を変更することもできます.これは三つ全ての原子が接し,同じ環の中に含まれていないときにだけ適用することができます.角度はAngle (A,B,C) =の右のボックスの内容を変えてEnterキーを押すことにより変更されます.その角度は表示の右のをクリックすることによってスプレッドシートに入力されます.

 
変更された角度は最適化中に維持されるわけではないことに注意してください.もし変更した角度を維持したいのであれば,Constrain Angleを使用してください(後の解説を参照).