Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 11 - The Geometry メニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12

Constrain Distanceを選択することで画面左下にメッセージが表示されます.

二つの原子もしくは一つの結合をクリックすることで画面右下にメッセージが表示されます.

をクリックするとに変わり,現在の距離を示します.

この (束縛) 距離はボックスの内容を変更し,Enterキーを押すことで変えることができます.一方,すでに存在する距離は束縛距離のように用いることができます.もし,選択した距離が既に束縛されている場合,初めにアイコンが表示されます.この場合,をクリックすると束縛は"オフ"になり,アイコンはに戻ります.最後に,一般的な距離の値と異なる束縛値は,その右にあるをクリックすることでスプレッドシートへ入力することができます.

この一連の操作 (束縛の"オン","オフ"の切り換えによる結合の同定) は何度でも繰り返すことができます.束縛がかけられたあらゆる結合,あるいは非結合原子間距離はマゼンタ色のマークで示されます.あらゆる束縛の導入はBuildモード中のエネルギー最適化()においてのみ自動的に実行されますが,これはCalculationダイアログ下で任意に利用することができます(Chapter 13).

角度や二面角の束縛は同様の方法で行うことができます.点と面は束縛を定義するために使えないことに注意してください.