Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 12 - Buildメニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24

Element OverlayOptionメニュー中のPreferences…にあるMiscellaneous Preferencesダイアログ;Chapter 16を参照)がチェックされた場合は,計算レベルの選択に利用できる元素(Setupメニュー下のCalculationsダイアログ;Chapter 13を参照)は強調されます.このすぐ下は原子混成の選択です.

この後ろで,結合タイプの選択を行います.

モデルキットのさらに下には,GroupsRingsLigandsと書かれたボタンがあります(このうち初めの二つはエントリーモデルキット中のものと同じです).

周期表の適切な元素をクリックすると,原子タイプが選択されます.項目が強調されます.

原子混成を選択するとそのアイコンが強調されます.一度指定すると,"原子"(原子タイプ+原子混成)は分子の作成を開始したり,存在している構造の他に追加したり,存在している原子フラグメントに追加するのに使用することができます.スクリーン上のどこかをクリックすると,分子の作成を開始します.まずスクリーン右下のInsertをクリックして(またはInsertキーを押して),次にスクリーン上のどこかをクリックすると,存在している構造の他に追加されます.フリーバレンスをクリックすると,既に存在しているフラグメントに結合します.