Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 12 - Buildメニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24

二つの混成(三方両錘と正方四角錘)は,アキシアルとエクアトリアルの両方と結合します."·"で印される適切な結合点は,アイコンを繰り返しクリックすると選択できます.結合点は二つの位置を互いに動きます.

全ての原子は,初めは単結合でつながれています.結合タイプ(部分的単結合,単結合,二重結合,三重結合,四重結合)を変更するためには,まずこれらの結合タイプの中から適切なものを選択し,次に変更する結合の上をクリックし,再びクリックします.すなわち,結合上をダブルクリックすると変えられます.結合タイプは量子化学計算には何の影響もあたえませんが,分子力学計算(ビルダーの中での構造最適化を含む.後述の解説を参照)には影響を与えます.

エントリーモデルキットとは異なり,エキスパートモデルキットでは原子価チェックは行われません.ユーザーはどんな原子配置も自由に作成できます.分子力学パラメーターは乏しく,"不合理な"最適構造が生じうることに注意して下さい.

三つのフラグメント群がエキスパートモデルキットの中にあります.

   
(i)
Groups
これはエントリーモデルキットと同じです.
   
(ii)
Rings
これはエントリーモデルキットと同じです.