Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 12 - Buildメニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24

 
配列は,ボックスの中の文字を変えると変更できます.存在しているアミノ酸コードは,削除したり,変更したり,新しいコードを加えることができます.全体の配列はこの方法で思い通りに指定できます.存在しないコードを指定すると,エラーメッセージが出ます.配列はClearの上をクリックするとクリアできます.
   
(ii)
マクロ構造の指定.一度配列決定が完了したら,マクロ構造(yf角)はaHelixbSheetOtherのうちの一つをクリックすることで指定されます.aHelixbSheetでは,あらかじめ指定された角度が右に表示されます.Otherを指定した場合は,ボックスが現れ,その中に任意の二面角を入力する必要があります.
   
(iii)
末端の設定.ペプチドの末端はまだ設定されておらず,二つの末端にはさらにアミノ酸が付加されます.
   
 
   
 
ここで,"*"はフリーバレンスです.モデルキット下部のTerminateをクリックすると,Terminateダイアログが開きます.
   
 
   
 
CとNの末端を選択するには,C,Nのアイコンをそれぞれダブルクリックします.アイコンを押すと,利用できる末端基が順に表示されます.OKをクリックするとダイアログが閉じ,ポリペプチドの末端が選択されます.Cancelをクリックするかをクリックすると,ダイアログは閉じますが,ポリペプチドの末端は選択されません.