Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 12 - Buildメニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24

モデルキット中程には,ポリヌクレオチドの型を指定するメニューがあります.

DNA
DNA (single strand)
DNA-RNA
RNA
RNA (double strand)
RNA-DNA

このメニューのすぐ下は,ヌクレオチド塩基を指定するアイコンです.メニューからDNA,DNA(単鎖),DNA―RNAを選択すると,一組のアイコンが表示されます.

RNA,RNA(二重鎖),RNA-DNAを選択すると,二組目のセットが現れます.一組目との唯一の違いは,チミン(T)がウラシル(U)に置き換わっているところです.

ヌクレオチド塩基は,その文字をクリックすると選択され,モデルキット上部のボックスにアイコンが表示されるとともにボックスの中の塩基配列に塩基が追加されます.ヌクレオチドモデルキットの中では,ヌクレオチド塩基が構造ブロックとして"原子",配位子,環などと置き換わります.これら以外の構造ブロックはないので,塩基配列と螺旋構造の修正を除いたヌクレオチドの修正はエントリーモデルキット,エキスパートモデルキットを用いて行う必要があります.

二つの異なる方法,すなわち単独塩基モードとポリヌクレオチドモードがあります.前者は,単独の塩基または塩基対を画面に配置したり,存在している構造の他に追加したり,存在している構造に追加するために使用することができます.一方後者は,DNA,RNA(または混合鎖)を作成するために使用されます.Sequence"オフ"(チェックなし)は単独塩基(塩基対)モードに対応し,"オン"(チェックあり)はポリヌクレオチドモードに対応します.