Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 12 - Buildメニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24

ヌクレオチドの作成(Sequence"オン")は,二つのステップで行われます.

   
(i)
塩基配列の指定.これは,塩基コードを順番にクリックすることで行われます.それぞれの選択に対応して,モデルキット上部のボックス中の塩基配列に文字コードが追加されます.配列は,ボックスの内容を編集することで変えられます.存在している塩基コードは,削除したり,変更したり,新しいコードを加えることができます.全体の配列はこの方法で思い通りに指定できます.配列はClearボタンをクリックすると取り除くことができます.
   
(ii)
らせん構造の指定.一度配列決定が完了したら,ABZをクリックするとらせん構造が指定されます.これらはそれぞれ標準的なA,B,Zらせんに対応します.Otherを選択すると,ユーザーは塩基ごとのrise(Å単位で)(Rise/Base)や塩基ごとのtwist(度単位で)(Twist/Base)を変えられます.

ポリヌクレオチドはまだ終結しておらず,二つの末端にはさらに塩基または塩基対が付加することに注意して下さい.
   
 
   
 

ここで,"*"はフリーバレンスです.水素が全てのフリーバレンスを占めています(*のついた2つの鎖の末端を除く).

ポリヌクレオチド(または単塩基対)は,画面上のどこかをクリックして分子作成を開始したり,画面右下のInsertをクリック(またはInsertキーを押す)してから画面上のどこかをクリックして既に存在している構造の他に追加したり,適当なフリーバレンスをクリックして既に存在している構造に追加したりすることができます.後者の場合,フラグメントを終結するのは"リン酸"末端です.