Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 12 - Buildメニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24

キラル反転

最後に,Ctrlキーを押しながらキラル原子の上をダブルクリックすると,原子のキラリティを逆にできます(RからS,SからR).この機能は四つのモデルキットで利用できますが,許されない構造を導きそうな環のシステムの中では利用できません.ここで,キラル中心は一つあり,キラルの反転をすると鏡像異性体へと変化します.

View ()

これはビルドモードにあり,(もし前にモデルキットを表示していたら)モデルキットは閉じます.選択すると,画面に単分子以上の表示ができます.実際に分子配置を変える等,ビルドモードで利用できる機能は,利用できません.

 
最初にビルドモードに入る時には,Fileメニュー(Chapter 8を参照)の下のNewを用います.Add FragmentDeleteMake BondBreak BondMinimizeは存在している構造を変更するのに利用します
 

Add Fragment ()

この機能はクリップボードの場合と同様に,原子フラグメント,官能基,環,配位子*のライブラリからアクセスできます.原子などのアイコンか,GroupsRingsLigandsClipboardのボタンをクリックすると,"フラグメント追加"モードになります.もしモデルキットが画面上になければ,Add Fragmentを選択するとモデルキットが画面上に表示されます.選択すると,画面上のどこかをクリックして分子作成を開始したり,画面右下のInsertをクリック(またはInsertキーを押す)してから画面上のどこかをクリックして既に存在している構造の他に追加したり,適当なフリーバレンスをクリックして既に存在している構造に追加したりすることができます.

フラグメントの追加は,他の機能を選択すると閉じます.

   
*
ペプチドモデルキットではアミノ酸,ヌクレオチドモデルキットではヌクレオチド塩基に変わります.