Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 12 - Buildメニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24

これらのアイコンは,左から右へ,上から下へと次の原子に相当します.

C(sp3) N(sp3) P(sp3) H
C(sp2) N(sp2) O(sp3) F
C(sp) N(sp) O(sp2) Cl
C(aromatic) N(aromatic) S(sp3) Br
Si(sp3) N(planar) S(sp2) I

"原子フラグメント"は,アイコンをクリックすると選択され,ダイアログ上部にこのアイコンが表示されます.一度選択されると,原子フラグメントは分子作成を開始したり,存在している構造の他に追加したり,存在している分子フラグメントにつなげたりするのに使用することができます.分子作成を開始するにはスクリーン上のどこかをクリックします.まずスクリーン右下のInsertをクリックして(またはInsertキーを押して),次にスクリーン上のどこかをクリックすると,存在している構造の他に追加することができます.存在しているフラグメントに追加するにはフリーバレンスをクリックします.例えばsp2炭素のように多様な結合タイプを持つ原子フラグメントの場合,結合タイプ,即ち単結合,二重結合,三重結合,芳香族の選択は,自動的に選択されるフリーバレンスの性質によります.