Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 12 - Buildメニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24

エントリーモデルキット中の三つのメニューは,一般的な官能基(Groups),環(Rings) に対応するあらかじめ用意された多くのフラグメントや,さらにファイルシステムに蓄えられた(ユーザー定義の構造はもちろん)官能基,環,配位子のライブラリ(Custom)にアクセスできます.エントリーモデルキットはまた,クリップボード(Clipboard)にもアクセスできます.

   
(i) Groups
 

Groupsをクリックすると,利用できる官能基のメニューが開かれ,このメニューから一つのアイコンがモデルキットの上部に表示されます.

メニューから別の官能基を選ぶこともできます(そのアイコンが表示されるでしょう).一度選択すると,官能基は,画面上のどこかをクリックして分子作成を開始したり,画面右下のInsertをクリック(またはInsertキーを押す)してから画面上のどこかをクリックして既に存在している構造の他に追加したり,適当なフリーバレンスをクリックして既に存在している構造に追加したりすることができます.

アミド基やカルボキシル基は,二つの異なるフリーバレンスを持っている原子を含みます.アミド基は実際,炭素上に一つ,窒素上に二つの,合わせて三つの異なるフリーバレンスを持ちます.作成中の分子にこれらの官能基を結合させるために使用されるフリーバレンスは"•"(アイコン)で示されます.アイコンを繰り返しクリックすると,このマークはとりうる位置を循環します.