Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 12 - Buildメニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24

 
このメニュー中の環は全て炭化水素である事に注意して下さい.ヘテロ原子は,エントリーモデルキット,エキスパートモデルキットで利用できる原子置換機能を用いて置換されます(後述の分子を組み立てるためのその他の機能を参照).

追加の環は,Customからアクセスできるライブラリにあります(後述の解説を参照).
   
(iii)
Custom

Custom
では,分子を制作するために以前に保存された分子や分子フラグメントを選択することができます.ファイルシステムにアクセスするにはCustomメニューの右にある一番右下の矢印キーをクリックします.すると,通常のファイルブラウザが現れます.エントリーを選択(クリック)してOpenをクリックして下さい(または,エントリーをダブルクリック).選択された分子は, Customの右にあるメニュー内にその名前で指定されます(もし前もって名前が付けられていなければ,"M001"など).選択すると,球と線のモデルがモデルキットの上部に現れます.これは,通常のマウス/キーボードのコマンドを使って操作(回転,移動,拡大)できます(モデルキットのあるボックスの中にカーソルを合わせて下さい).一度選択すると,分子や分子フラグメントは,画面上のどこかをクリックして分子作成を開始したり,画面右下のInsertをクリック(またはInsertキーを押す)してから画面上のどこかをクリックして既に存在している構造の他に追加したり,適当なフリーバレンスをクリックして既に存在している構造に追加したりすることができます.後者の場合は,適当なフリーバレンスをクリックして(クリップボード中の分子に)付ける位置を指定しなくてはいけません.

ファイルシステムからは一つの項目だけが表示され,新しい項目を選択すると前の項目は上書きされます.しかし,選択されるエントリーが分子のリストである場合(その名前は"M001""M002"等で識別されます),個々の分子は(Customの右にあるメニューから異なるエントリーを選択することにより)それぞれ順番に選択されます.
   
 
インストールにより,Spsrtan'04のCustomは直接"Program Files/Wavefunction/Spartan04vXYZ/Library"を指定するようになっています.これは,"官能基","環", "配位子"に対応する三組の項目を含みます.