Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 12 - Buildメニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24

(iv)
Clipboard

Clipboard
をクリックすると,クリップボードにアクセスできます(Chapter 9Editメニュー下のCutCopy参照).クリップボード上にある球と線のモデルは全て,モデルキット上部に表示されます.これは,通常のマウス/キーボードのコマンドを使って操作できます(モデルキットのあるボックスの中にカーソルを合わせて下さい).一度選択すると,分子や分子フラグメントは,画面上のどこかをクリックして分子作成を開始したり,画面右下のInsertをクリック(またはInsertキーを押す)してから画面上のどこかをクリックして既に存在している構造の他に追加したり,適当なフリーバレンスをクリックして既に存在している構造に追加したりすることができます.後者の場合は,クリップボード中の適切なフリーバレンスをクリックして付ける位置を指定しなくてはいけません.

"空"のクリップボードは次のように表示されます.
   
 
   

Expert Model Kit

Spartan'04のエキスパートモデルキットは,エントリーモデルキットを使用するよりもずっと幅広い種類の分子(無機,有機金属種を含む)を作成できます.このモデルキットでは意図的に構造を管理しないので,従来の結合則を破った構造も作成できます.エキスパートモデルキットへは,エントリー(またはペプチド,ヌクレオチド)モデルキットの上部にあるExpertのタブをクリックするとアクセスできます(エントリーモデルキット,ペプチドモデルキット.ヌクレオチドモデルキットへ戻るには,エキスパートモデルキット上でそれぞれEntryPeptideNucleotideをクリックして下さい).