Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 13 - The Setup メニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13
14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25

この章ではSetupメニューで利用できる機能について説明します.ここでは,分子力学計算,半経験的計算,Hartree-Fock分子軌道計算や相関計算,基底状態に対する局所密度汎関数計算,密度汎関数計算,Moller-Plesset計算やcoupled cluster計算,そして励起状態に対する配置相互作用計算,局所密度汎関数計算,(time dependant)密度汎関数計算について詳細に述べます.エネルギー計算,平衡構造とコンホメーションの決定,遷移状態およびエネルギープロファイルの作成等を設定することができますが,計算ツールによってはできないものもあります. Hartree-Fockや相関計算に対して様々な全電子のGaussian基底系がサポートされており,重元素を含むような分子に対しては計算に擬ポテンシャルとしてサポートされています.

Setupメニューでは,分子動力学による溶媒の考慮,IR,NMR,そしてUV/Visスペクトルの計算,様々な分子の性質の計算や印刷,電子密度,スピン密度,静電ポテンシャル,局所イオン化ポテンシャルおよび分子軌道を含む各種グラフィック表面の作成,ポテンシャルマップや等高線プロット等を表示することができます.Setupメニューにある機能は,ジョブを実行するための機能でもあります.

Setupメニューは,グラフィックの設定やジョブの実行に加え,分子力学および量子化学計算を指定するダイアログを表示します.