Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 13 - The Setup メニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13
14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25

  Vibrational Modes
   
 
チェックするとアウトプットに振動数と基準モードを作成します.振動数計算("Compute"の下のIR)が行われている必要があります.
   
  Atomic Charges
   
 
チェックするとアウトプットにMulliken電荷,通常電荷,静電電荷を書き込みます.原子の電荷はAtom Propertiesダイアログ(Displayメニュー;Chapter14を参照)からとスプレッドシート上(Chapter14)からも利用できます.
   
(viii) Options
   
 
Optionsの右にあるボックスにキーワードを入力することで,より詳細な設定を行うことができます.キーワードは単一の言葉か式のどちらかです.Keyword=Nは整数を表し,keyword=Fは実数を表します.Appendix Cに一般的に用いられるキーワードの表を示します.より完全な最新の表はオンラインヘルプの下にあります.
   
(ix) Converge
   
 
チェックすると収束を助けるための手順が実行されます.Convergeを使用すると一般的に計算時間が増加します.Convergeは分子力学計算には使用できません.
   
(x) Global Calculations
   
 
チェックするとCalculationsダイアログ中の設定をリスト内の分子全てに適用するように指定します.