Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 13 - The Setup メニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13
14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25

Figure 13-1: Spartan'04で利用可能なグラフィックスの例 (con't)

acetic acid二量体の電子密度スライス cyclohexanoneのLUMOと電子密度等値面を同時に表示
   
   
水素結合を示しています. 求電子攻撃を示しています.
   

分子構造および化学的反応性に対するグラフィックスの使用方法についてはプログラムに同梱されている"A guide to Molecular Mechanics and Quantum Chemical Calculations"の中で説明されます.

 
以下に示すものは特に役立つグラフィック表面とプロパティーマップです:
   
HOMO 孤立電子対のような電子に富む部位を表します
LUMO 求核攻撃を受けやすい部位を表します
density 化学結合を表し,分子全体の大きさや形を示します
spin density 不対電子(ラジカル部位)の場所を表します