Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 13 - The Setup メニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13
14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25

 

使用可能なプロパティーは,電子密度(density),分子軌道の絶対値(HOMO{-}HOMOLUMOLUMO{+}SOMO),静電ポテンシャル(potencial),局所イオン化ポテンシャル(ionization)およびスピン密度(spin)です.Noneは表面に描くプロパティーがないことを示します.Surfaceの上において,"HOMO{-}","LUMO{+}"を選ぶと減少(増加)ボックスが表示されます.

加えて,MultiplicityCaluculationダイアログ中)がSinglet以外の値に設定されるか,Caluculationダイアログ中のOptionsで"Scf=unrestricted"を指定した場合,スピンボタンが表示されます.SurfaceまたはPropertyとしてHOMO{-}HOMOLUMOまたはLUMO{+}を選択した時にのみスピンボタンは利用できます.ボタンをクリックすると,AlphaBetaが切り替わります.Alphaは表面として表示される分子軌道,あるいはaスピンによる表面上のプロパティーをマッピングした分子軌道を示し,Betabスピンによる分子軌道を示します.

   
(iii) Resolution
   
 
Resolutionの右のメニューから表面の解像度を選択することができます.
   
 
   
 
一般に,日常の作業ではMedium(中程度の分解能)で十分であり,Low(低分解能)は速やかにラフなイメージを得るのに使われます.一方,intermediateとHigh(高分解能)は発表に適したグラフを得るために使われます.分解能の増加と共に,計算時間と必要なディスク容量が著しく増加します.