Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 13 - The Setup メニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13
14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25

 

プルダウンメニューにState(電子状態)の詳細が表示されます.ボックスの右にあるをクリックすることでデフォルトのGroundからExcitedに,をクリックすることでGroundに戻ります.基底状態,励起状態の化学種を論じるのに異なる方法が用いられます.Hartree-Fock,Møller-Plessetだけでなく,様々な高度の相関法は基底状態の化学種に用いることができ,立体配置相互作用法は励起状態にのみ用いることができます.密度汎関数法は基底状態,励起状態,どちらの化学種にも適用できます.Stateは分子力学計算と半経験的計算には無効です.

プルダウンメニューにType of Calculationの詳細が表示されます.電子状態によってメニューの中の選択肢が変化します.基底状態のメニューは以下のものです.

   
 
   
 
励起状態のメニューは以下のものです.
   
 
   
 
Hartree-Fockを除くすべての計算方法は追加情報の詳細が必要とされます.
   
    分子力学計算
       
    半経験的分子軌道計算