Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 13 - The Setup メニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13
14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25

    密度汎関数計算
       
    Møller-Plesset
       
    高度な相関法*
       
    立体配置相互作用法
     
 

分子力学計算と半経験的分子軌道計算を除いては制限法,非制限法のどちらも用いることができます.デフォルトでは,一重項は制限法を用いて表現され,一重項ではないものは非制限法を用いて表現されます.このデフォルトの設定はScfキーワードを使うことで変更することができます (Appendix Cを参照) .

分子力学法と半経験的軌道法を除いては,基底関数を指定する必要があります.** Hartree-Fock法では以下のようになります.

   
 
   
*
ほかに様々な高度相間法を利用することができ,それらをOptionsボックスへ直接入力することができます:CCSD(2),OD,OD(T),QCCD,QCCD(2),QCISD,QCISD(T),G2.
**
ほかに様々な基底系を利用することができ,それらをOptionsボックスへ直接入力することができます:6-31Gや6-311Gの後に(d),(d,p),(2d),(2d,2p),(2df,2pd),(3d,3p),(3df,3pd)を入力することができます.6-31Gや6-311GのGの前に"++"を入れることができます.また,cc-pVDZやcc-pVQZも入力できます.