Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 13 - The Setup メニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13
14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25

(ii) Start from
   
 
Spartan'04では平衡構造を計算する場合,設定したモデルとは別の(より単純な)モデルを使って先に計算させ,そのあとに設定したモデルで計算させます.例えばHartree-Fock計算を行う前に半験的分子軌道計算によって平行構造を計算させることができます(この機能は現在のところ遷移状態構造の計算には適用されません).設定した方法に従ってどの計算を事前に計算できるかが決まります.
   
    分子力学 not available
       
    半経験的分子軌道法
       
    Hartree-Fock
       
    密度汎関数法, Møller-Plesset, 高度な電子相関
   
 
加えて,最もエネルギーの低いMMFFコンホマーを検索することで構造最適化を行うことができます.この場合,選択すると構造最適化に適用する計算レベルを指定する追加メニューが表示されます.このメニューの内容は選択された方法に依存します.
   
    分子力学 not available
       
    半経験的分子軌道法 not available