Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I

Chapter 14 - The Display メニュー
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20
21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37

 
ここでは選択された表面の面積(Å2単位)や体積(Å3単位)を表示します.また"オン"と"オフ"の切り替えやPropertyマップ(等値面の上)の範囲指定,IsoValの値の変更("固定された"isovalueを要求している場合を除く),ディスプレイのStyleの変更などを行うことができます.このダイアログからもGlobal SurfaceSetupまたはDisplayメニューのSurfacesダイアログで利用できます.Chapter 13参照)を呼び出すことができ,"オン"になっているとリスト中に表示されている全ての分子に対して共通のプロパティー範囲が強制されます.最後に,ダイアログはプロパティーマップ上のカーソルの位置で,プロパティーの"値"を通知します(他の場所でのプロパティー値を得たいときは,カーソルを動かして二回クリックしてください).

選択したグラフィック表面がスライスであった場合,異なるSurface Propertiesダイアログが現れます.
   
 
   
 

前のダイアログ中のIsoValセッティングはFrameメニューに変わり,スライスの種類(平面,円柱または球)を選ぶことができます.

Surface Propertiesダイアログの下部右側のをクリックするとSurface Styleダイアログが表示されます(このダイアログの下部右側にあるをクリックするとSurface Propertiesダイアログに戻ります).