Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I

Chapter 14 - The Display メニュー
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20
21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37

ウィンドウの上部左にあるメニューでDisplayに関するOutputの種類を選択します.

Outputは選択された分子に関して通常の表示を行います.Verbose Outputはより詳細な表示方法を行い,ArchiveおよびProperty ArchiveはそれぞれSpartan'04のアーカイブやプロパティーアーカイブファイル*を表示します.CSD DataはCambridge Structural Database (CSD)のデータに関する参考文献や他の情報を表示し,Error Logは実行エラーを表示します.

ウィンドウの内容は普通にスクロールさせることができ,スクロールバーの上部または下部をクリックすることで"ページアップ"または"ページダウン"させることができます.FileメニューからPrint Output...を選択することで内容を印刷することができ(アウトプットウィンドウが選択されているときはPrint...に置き換わります),アウトプットを選択したときはEditメニューからCopyを選択することでクリップボード上に一時保存することができます.EditメニューからFind...Find Nextなどの機能を利用することもできます.

アウトプットウィンドウはそれぞれの分子(またはそれぞれの分子リスト)と関連しており,要求された多くのアウトプットウィンドウは同時に画面上で開くことができます(選択できるのは一つだけです).選択されたウィンドウは上部右側のをクリックすることで閉じることができます.

 
CSDデータを除いて,実行中のジョブからのアウトプットはDisplayメニューから見ることができません.通常のアウトプットウィンドウの内容("Output")はOptionsメニューのMonitorを使って見ることができます(Chapter 16参照).
 
   
*
プロパティーアーカイブからの項目は@prop (property name)を使ってスプレッドシート中にインポートすることができます.ここで"property name"はアーカイブ中のプロパティーの名前です.この章のSpreadsheetの項を参照してください.