Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I

Chapter 14 - The Display メニュー
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20
21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37

デフォルトの表示レンジは4000cm-1から500cm-1と実験で一般的に得られる範囲にしてあります.この範囲は(Displayメニューの)Propertiesダイアログを変更することができます.Propertiesダイアログを開いた後にグラフのX軸をクリックしてダイアログをPlot Propertiesに変更します.この左側の"XSca"タブをクリックして表示されたRangeの領域指定の設定を変更して下さい.
スペクトルは他の描画オブジェクトと同じように扱われ,適当なマウス操作で変更したり縮尺したりできますが回転はできません.またをクリックしてから(あるいは代わりにDeleteキーを押して)スペクトル上をクリックすることでスペクトルを画面上から削除することができます.

UV/vis

UV/VisタブをクリックするとUV/Vis Spectraダイアログが表示されます.

ここでは励起エネルギー(最小から最大まで)とともに強度を表にします.Draw UV Spectrumをクリックすると紫外・可視スペクトルを表示します.