Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I

Chapter 14 - The Display メニュー
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20
21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37

デフォルトの表示範囲は200 nmから700 nmと一般的に実験で得られる領域に設定してあります.この範囲は,(Displayメニューから)Propertiesダイアログを開いて変更することができます.Propertiesダイアログを開いた後にグラフのX軸をクリックしてPlot Propertiesダイアログにします.このダイアログ中"X Sca."タブをクリックするとRangeで領域指定する欄が表示されるので欄内の設定を変更して下さい.スペクトルは他のオブジェクトと同じようにマウス操作により平行移動や拡大縮小ができますが回転はできません.
スペクトルは他の描画オブジェクトと同じように扱われ,適当なマウス操作で変更したり縮尺したりできます.をクリックしてから(あるいは代わりにDeleteキーを押して)スペクトル上をクリックすることでスペクトルを画面上から削除することができます.

NMR

NMRタブをクリックすると1Hおよび13C NMRスペクトル表示のためのNMR Spectraダイアログが表示されます.

これらのスペクトルはダイアログ中のDraw 1H Spectrum/Draw 13C Spectrumをクリックすることで表示することができます.