Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I

Chapter 14 - The Display メニュー
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20
21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37

Properties

Spartan'04はレポートや(ある場合には)分子,原子,結合,グラフィック表面,構造的束縛の変更に特化したダイアログを与えます.それらのダイアログでは初期設定のグラフスタイルや制限,同様に"近似曲線"の種類などを変更することができます.Propertiesダイアログは一つだけ画面上に表示でき,このダイアログでは分子の選択(Molecule Properties),選択した分子のコンポーネント(原子,結合など)またはシンボル(スペクトル,グラフィック表面など)の選択(Atom PropertiesBond PropertiesSurface Propertiesなど),スプレッドシートのデータからのグラフ作成(Plot PropertiesCurve Propertiesなど),関数のフィッティング(Regression Properties)などを行うことができます.(画面上にPropertiesダイアログが出ているときに)異なる分子を選択すると,新しく選択した分子に対してMolecule Propertiesダイアログが表示されます.コンポーネントやシンボルをクリックすると,(新しく選択した)分子のコンポーネントやシンボルに対するダイアログが現れます.

ダイアログの選択はMolecule Propertiesダイアログが"ニュートラル"または"オフ"のときに"トグル"モードで行われます.この位置(画面上にMolecule Propertiesダイアログが表示された状態)において,(現在選択されている分子の)コンポーネントまたはシンボルをクリックすると適当なPropertiesダイアログが表示されます.例えば,原子をクリックするとAtom Propertiesダイアログが表示されます.異なるコンポーネントまたはシンボルをクリックすると,それに対応したPropertiesダイアログが表示されます.しかし,同じコンポーネントまたはシンボルを二度クリックするとMolecule Propertiesダイアログに戻ります.

Propertiesダイアログはそれぞれ関連したUtilitiesまたはStyleダイアログを持っています.例えば,Molecule Propertiesダイアログに関連しているのはMolecule Utilitiesダイアログです.これらのダイアログからは分子やそのコンポーネントまたはシンボルに関する追加情報を得たり,選択した分子やそのコンポーネントまたはシンボルだけの色やスタイルを設定することができます.これは特定の分子,コンポーネントまたはシンボルを強調(または脱強調)するのに役立ちます.Utilities/Styleダイアログを呼び出すには,関連したPropertiesダイアログの下部右側にあるをクリックします.関連したUtilities/Styleダイアログの下部右側にあるをクリックするとPropertiesダイアログに戻ります.Utilities/Styleダイアログが画面上に表示された状態で新しい分子をクリックすると,新しい分子に対するMolecule Propertiesダイアログが表示されます.