Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I

Chapter 14 - The Display メニュー
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20
21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37

 
Atom Propertiesは元素名を表示し,原子のタイプ,R/S表示,Mulliken電荷,静電電荷およびNBO電荷(electron単位)およびNMRスペクトルを要求する場合は化学シフト(適当な標準と比較してのppm単位,Appendix E参照)の値を変えることができます.また原子を固定(Chapter 11内のFreeze Center参照)したり,Mass NumberFormal Chargeを変更したり,デフォルトの設定から原子のLabelを変更することができます.

Atom Propertiesダイアログの下部右にあるボタンをクリックするとAtom Styleダイアログが現れます(このダイアログの下部右にあるボタンをクリックするとAtom Propertiesダイアログに戻ります).
   
 
   
 

ここでは選択した原子の色を変更することができます.

   
(iii)
Bond Properties
   
 
画面上のPropertiesダイアログまたはDisplayメニューからPropertiesを選択し,原子をクリックするとMolecule Propertiesが以下のようなBond Propertiesダイアログに変わります.