Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I

Chapter 15 - Search メニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22

この章ではSearchメニューの機能について説明します.ここでは実際のX線結晶構造を収録しているCambridge Structural Databaseの基本構造の探索,エネルギー,特性を計算したSpartan Molecular Databaseの基本構造と置換された誘導体の構造,拡張した反応データベース中の遷移状態との類似点にもとづいて"新しい"反応に対する遷移状態を推測するための機能,および互変異性体を同定するのための方法について説明します.

Searchメニューでは遷移状態を推測するための機能や,互変異性体を同定するために構造,エネルギー,特性を計算したSpartan Molecular Databaseだけでなく実際のX線結晶構造を収録しているCambridge Structural Databaseに接続できます.

Databases ()

二つのデータベースへは実際のX線結晶構造を収録したCambridge Structural Database (CSD)と,構造,エネルギー,特性を計算したSpartan Molecular Database (SMD)から接続できます.データベースは両方とも「基本構造」に基づいて検索されます.さらに,SMDには入力した構造が画面上で選択すると自動的に接続されます.(その検索結果が利用できるようになります.)