Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I

Chapter 15 - Search メニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22

 
2.
最良の配座から初めて,量子化学モデルを使い構造最適化を行ないます.これは特定の分子に対しての量子化学計算すべてが同じ配座異性体を示すことを意味します.
 

この時,SMDには二つの方法で接続できます.特定の量子化学モデルに対応するデータベース中の構造とのexactの置換,および特定の基本構造を含む(一つ以上の量子化学モデルに対応する)データベース中のモデルとの置換です.後者はSpartan'04をCambridge Structural Databaseに接続する方法(前項目参照)によく似ています.

Replacement

選択した分子に対して(異なる量子化学モデルに対応する)一つ以上の候補があることは画面下にその名前が表示されることによって示されます.

詳しい内容はその分子の名前のすぐ左にあるをクリックすると与えられます(その時それはに変化します).これで左側にビュー画面,右側にその量子化学モデルのリストが含まれるダイアログが開きます.