Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I

Chapter 15 - Search メニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22

最初の候補については,リストの一番上の候補をクリックするとビュー画面にその構造に対応するball and spokeモデルが表示されます.このモデルは通常のマウス/キーボード操作で回転,移動,拡大/縮小ができます(カーソルをビューエリアに置く必要があります).ダイアログ下のReplace Allの左のボタンをクリックするとモデルが自動的に"回転"します.モデルスタイルは変更できません.異なる候補(この場合は異なる量子化学モデル)はダイアログの量子化学モデル名の左にあるボックスをクリックすることで選択できます.

(画面上で)選択した分子はダイアログ下のReplaceボタンをクリックすると選択した候補に置換されます(EditメニューからのUndoを選択することで"やり直し"ができます,Chapter 9参照).分子と置きかえると,分子そのものとそれに関連するすべての情報が失われますので注意してください.

("推定される"基底状態の配座異性体についての情報に加え),より高いエネルギーの配座異性体についての情報を含む候補もあります.これらの候補はチェックボックス左のアイコンで表示されています.このアイコンをチェックすると隠れている候補が見えるようになり,それらの相対エネルギーを与える(kcal/mol)に加え,より高エネルギーな配座異性体にアクセスできるようになります.

それらをビュー画面上で見たり,画面上の分子と置きかえる時に前のように選択します.