Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I

Chapter 15 - Search メニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22

 
一般に,SMDには複雑なモデル(EDF1/6-31G*, B3LYP/6-31G*, MP2/6-31G*)よりも簡単なモデルのデータがたくさんあります.実際,初期のデータベースにはMP2/6-31G*を利用できるものは数千しかありません.
 

Otherを設定するとダイアログ中であげられたもの以外の理論モデルでのデータにつながります.OKをクリックするとダイアログが消えます(Cancelまたはをクリックしてもダイアログは消えますが選択したものは無効になります).

付加する場所の設定と理論レベルの指定のあと,ダイアログ右下のSearchボタンをクリックすることでSMD検索がはじまります.候補が見つかると,数秒後にダイアログ右のボックスに表示されはじめます.検索全体としては数秒から一,二分かかり,それは質問(とコンピュータの処理速度)によります.ダイアログ右下のSearchボタン右のをクリックすればいつでも検索を中断できます.ヒットしたものはダイアログ右のボックスに表示されます.* ボックス中の名前をクリックすればその3D構造がプレビューされます.ダイアログ左のウィンドウにball and wireモデルが表示され,ウィンドウのすぐ下にその名前が出ます.

   
*
通常,分子名のみが見え,ボックス上部のセルをスライドさせることで分子量や主成分が表示されます.