Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I

Chapter 15 - Search メニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22

モデルは通常のマウス/キーボード操作(ウィンドウ内にカーソルを置く必要があります)で動かすこと(回転,移動,拡大/縮小)ができますが,モデルスタイルの変更や構造的な測定はできません.これらの操作を行うには選択した候補をファイルシステムに移行する必要があります(先述).

プレビューで利用できる情報はまさにCSD内の情報であることに注意してください.特に,二つ以上の異なる分子,異なる配座を持つ分子,外部分子(ごく一般に溶媒分子や対イオン)を含む場合には気をつけてください.水素原子は実験で得られた構造中で帰属されたところのみ表示しています.最後に,プレビューには基のデータや結晶の欠陥での不確かさによる結合エラーがあるかもしれません.「フィルター」は一つ以上の候補をSpartan'04ファイルシステムに移動させる前にそれらの問題点のいくつかをアドレス指定するために利用できます.さらに,取り込みデータの送り先が特定されるでしょう.利用できる取り込みオプションはCSDダイアログ下側のRetrieveボタン右のをクリックすることによってRetrieve Optionsダイアログに接続できるようになります.