Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I

Chapter 16 - The Options メニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14

(i) View: Orthogonal/Perspective
構造モデルとグラフィックのビュー画面を操作します.
   
(ii)
Global Rotate: Screen Centered/Molecule Centered
Screen Centeredはすべての分子を一点で回転させ,Molecule Centeredは個々の中心に対してそれぞれの分子を回転させます.
   
(iii) JPEG Quality
JPEG出力の解像度をスライドバーで操作します.
   
(iv) Toolbar Style
表示方法(テキスト対アイコン)とアイコンのサイズを操作します.
   
(v)
Element Overlay
チェックすると,Calculationsダイアログで指定されたモデルが利用できる元素をエキスパートモデルキットでハイライトすることによって表示することができます.
   
(vi)
Fast Rotate
チェックすると,回転している間(だけ)構造モデルの解像度を低くします.これはより大きな分子を表示する際にグラフィックパフォーマンスを改善するために使われます.
   
(vii)

Split-Tubes
チェックすると,ball and spokeモデルにおける"チューブ"が多重結合がわかるように分裂します.

   
(viii)
Stereo
チェックすると,ステレオ表示を"オン"にできます.見る人は赤と青のめがねをつけなければなりません.また, "3"キーで"オン"にすることもできます(Chapter2Keyboard Functionsを参照).