Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I

Chapter 2 - Spartan'04の操作方法(Operating Spartan'04)
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

キーボードの機能

以下のキーをさらに用いることでSpartan'04の様々な機能を制御することができます.


3
三次元立体画像に切り替えます.もう一度3を押すと通常のモードに切り替わります.
Page Up, Page Down, Home, End
ワークスペース上に展開している分子ファイルをPage Upキーでリストの上へ,Page Downキーで下へ,Homeキーでトップへ,Endキーで一番下へ移動します.また,Outputダイアログではページを上下にスクロールします.
Insert
分子作成モードでのみ用い,ワークスペースに新しいフラグメントを挿入します.これはモデルキットからフラグメントを選択し,Insertキーを押したままワークスペース上をクリックすることで行うことができます.一回のフラグメント挿入はワークスペース上をクリックする前にモデルキットの下でInsertボタンをクリックすることによって行うことができます.Chapter 12の"Entry model kit"を見てください.
Delete
フラグメント,自由原子価,反応矢印,選択ボックスの内容,スペクトル,曲線,プロットの消去を行います.消去はDeleteキーを押したままフラグメント等をクリックすることで行うことができます.警告は出ません.消去はフラグメント等をクリックする前にBuildメニューからのDeleteを選択するか,アイコンをクリックすることによっても行うことができます.