Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I

Chapter 3 - 有機分子
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19
20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37

 
   
13.
ジョブを実行します(SetupメニューからSubmit).完了したら,Surfaceダイアログの"density potential…"をクリックします.表面自体が電荷と一致し,アクリロニトリルの全体の大きさや形の測定ができます.色がこの表面における静電ポテンシャルの値を示します.すなわち赤色へと色が変化していくと(その分子と正電荷の間の相互作用が安定して)負のポテンシャルと一致し,青色へと色が変化していくと正のポテンシャルと一致します.窒素(最も電気的に負の原子)は赤色になり,水素(最も電気的に正の原子)は青色になります.
   
14.
FileメニューからCloseを選択し(またはFileツールバーからをクリックします),画面からアクリロニトリルを消します.*開いているダイアログも全て閉じます.
   
*
Spartanは同時に多くの分子を画面上に表示することができますが,一般的に初心者は混乱を少なくするために,一つの分子だけを操作するほうが良いでしょう.