Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I

Chapter 3 - 有機分子
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19
20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37

多原子からなる環は有機分子の一般的な成分であり,エントリーモデルキットは通常使われる炭化水素環のライブラリーを内蔵しています.それらは原子を置き換えることで容易に修飾することができます.例えばピリジンを作るには,ベンゼンから始めて原子フラグメントのリストから芳香族性窒素原子を選択し,ベンゼンの一つの炭素原子をダブルクリックして置換します.

官能基の修飾もこの方法で行うことができます.

この章のチュートリアルでは,原子フラグメント,官能基,環を使った有機分子の構築法を説明します.また量子化学計算の設定方法や計算結果の解釈,赤外やNMRスペクトルの計算や表示の仕方についても説明します.様々なグラフィックモデルが紹介され説明されます.最後に,Spartan分子データベース中の計算された分子構造・エネルギー・性質,ケンブリッジ構造データベース中の実験で得られたX線結晶構造を使用する例が紹介されています.