Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I

Chapter 3 - 有機分子
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19
20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37

Camphor(ショウノウ)

ショウノウを用いて,一つの分子が別の分子を構築する際の出発化合物としてどのように使えるかを示します.またケンブリッジ構造データベース(CSD)*からの検索方法を説明します.この例では計算は行いません.

   
1.
(以前例に出した)"cyclohexanone_3-21G"を画面に表示します.FileメニューからOpen…を選択し(またはFileツールバーから アイコンをクリックします),ダイアログに表示された"cyclohexanone_3-21G"をダブルクリックします.次にFileメニューからSave As…を選択し(またはFileツールバーから アイコンをクリックします),"camphor"という名前を付けて,Saveをクリックします.
   
2.
エントリーモデルキットを開くために,Build メニューからAdd Fragmentを選択し(またはBuildツールバーからアイコンをクリックします).モデルキットからsp3炭素をクリックし,カルボニル炭素から二つ離れたアキシアル位のフリーバレンスをクリックしてください.アキシアル2-メチルシクロヘキサノンができました.
   
*
このチュートリアルを実行するためにはCSDのライセンスを取得しインストールされている必要があります.
詳しくはCSDの代理店にお問い合わせ下さい
Appendix Gを参照.