Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I

Chapter 3 - 有機分子
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19
20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37

3.
BuildメニューからMake Bondを選択します(またはBuildツールバーから アイコンをクリックします).今加えたsp3炭素のフリーバレンスの一つをクリックし,それとは反対側の6員環の(カルボニル基に隣接した)炭素のエクアトリアル位のフリーバレンスをクリックします.結合が表示されます.定義した(中間)構造を得るためにをクリックします.三つのメチル基を加えることによって,構造ができあがります(モデルキットからsp3炭素をクリックし,順に該当する三個のフリーバレンスをクリックします).最後に,をクリックするとC1対称性のショウノウのエネルギー最小化構造が得られます.モデルキットを取り去るために,をクリックします.
   
4.
ModelメニューからConfigure…を選択します.ダイアログ中の"Atom"の下のR/SをチェックしてOKをクリックします.R/S表示が架橋された二つの炭素にだけ表示されます.両方はR(もしくは両方S)であり,構築したエナンチオマーに依存しています.もし消したいのであれば,ModelメニューからLabelsを選択することによって消すことができます.
   
5.
画面の一番右に分子を移動させます.それから,SearchメニューからDatabasesを選択します(もしくはSearchツールバーからアイコンをクリックします).
   
 
   
 
Databasesダイアログの上にあるCSDをクリックします.これによりCSDダイアログが開きます.